地亜貴(c_c)の場所(ありか)

アラフォー天満人の楽しく生きるぞっ!

造幣局「桜の通り抜け」アクセス便利な最寄り駅は天満橋駅!帰りはバスも便利!今年の花は「大提灯」桜以外の見どころは?

time 2018/04/09

造幣局「桜の通り抜け」アクセス便利な最寄り駅は天満橋駅!帰りはバスも便利!今年の花は「大提灯」桜以外の見どころは?

まいど(c_c)/

わが街・天満には、人気スポットがいっぱいあります。

造幣局は桜の有名スポットで、毎年「桜の通り抜け」が大人気です。

桜の通り抜けについて、アクセス便利な最寄り駅、帰り道、桜以外の見どころ、おすすめの時間帯などご紹介します!

sponsored link

この記事の内容

造幣局桜の通り抜けとは?

造幣局の通り抜け

造幣局桜の通り抜けは、1883年に始まりました。

造幣局の土地は、江戸時代には伊勢国津藩主藤堂家の大坂蔵屋敷の一部でした。この屋敷のには桜が植えられていて、花見の時期には屋敷を解放して、桜見物ができたそうです。

明治維新後、この屋敷の一部が造幣局として整備され、蔵屋敷の桜は大川沿いに移植され、造幣局敷地内にも桜が植えられました。この桜が、通り抜けの桜並木のルーツとなっています。

1883年に造幣局敷地内の桜が一般開放され、これが今の桜の通り抜けにつながっています。

1917年には、6日間で70万2252人の人出という戦前の最高記録を、1959年には歴代最高の人出106万人という記録を残しています。

現在でも天気や桜の開花状況などに左右されますが、例年、非常に多くの人出が記録される一大イベントです。

造幣局桜の通り抜け案内板

日本さくらの会が選ぶ「さくら名所100選」にも選ばれています。
造幣局桜の通り抜け さくら名所100選案内板

桜の通り抜けでは多種多様な桜を楽しむことができます!

桜の通り抜け

2018年の桜の通り抜けでは、134種349本の桜を楽しむことができるそうです!

本当にいろんな桜があって、驚くほどです。

桃色の桜もあれば、白色の桜、緑色の桜も。
桜の通り抜け

桜の通り抜け

花の形もいろいろあって、すごく楽しめます!
桜の通り抜け

2018年今年の花は「大提灯」

桜の通り抜けでは、多種多様の楽しむことができますが、より桜に親しみを持つために、今年の花が選ばれます。

2018年の今年の花は「大提灯(おおぢょうちん)」です!

桜の通り抜け 2018年今年の花 大提灯

大提灯は、淡紅色を帯びた白色で、球形の大輪の花が提灯のようにぶら下がって咲く桜です。
桜の通り抜け 2018年今年の花 大提灯

大提灯って名前からイメージする姿よりは、こじんまりと可愛いです。

その他、2018年に新たに登場する桜もあるようです。

長州緋桜(ちょうしゅうひざくら)は、2018年に初登場の桜です!

造幣局桜の通り抜けの桜樹一覧表

https://www.mint.go.jp/toorinuke/osaka_list_of_cherry_blossom_index.html

桜の通り抜けマップ

造幣局 桜の通り抜け イラストマップ

桜の通り抜けをより詳しく知るには、造幣局公式サイト「桜の通り抜け イラストマップ」が便利です。

造幣局「桜の通り抜け」2018年は4/11~17の開催です

造幣局 桜の通り抜け

2018年桜の通り抜け開催要領

造幣局桜の通り抜け 開催案内

開催期間:2018年4月11日(水)~4月17日(火) (7日間)
開催時間:平日10:00~21:00、土・日9:00~21:00
※日没後は、ぼんぼりが点灯します。

桜の通り抜けは、造幣局南門から北門へ向けて一方通行です。

あ、入場料は無料です!太っ腹っ!

ハローダイヤルが開設されます

桜の通り抜け期間中の問合せに対応するために、ハローダイヤルが開設されます。

ハローダイヤル:050-5548-8686

利用可能なのは、桜の通り抜け期間中の8:00~21:00です。

2018年桜の通り抜けの見ごろは?

造幣局「桜の通り抜け」は、毎年4月中旬に1週間開催されます。

例年、桜の開花状況が予測できそうになった1か月前の3月中旬にくらいに、その年の開催時期が発表されます。

でも、桜の開花時期を1か月前に予想するのは、かなり難しいようで・・・・

気温が急に上がったり下がったりすると、せっかくの桜の通り抜けの期間なのに、満開前だったり、散りかけていたりしている年もあります。

2018年は・・・早めの時期に行った方がよさそうです!

4月上旬に気温が上がったので、桜の通り抜け期間中には、満開~散り始めになると思います。中には、ほとんど散ってしまう桜もあるかもしれません。

桜の通り抜けおすすめの時間帯は?

造幣局桜の通り抜けは、7日間のみの開催なので、期間中通じてかなり混雑します。

なかでも、土日、夜間は、大混雑します。また天気が良い日も混雑します。

僕がおすすめする時間帯は、午前中と日没直前です。

土日は大混雑するしますが、午前中は比較的すいています。

9時に開門するので、9時までに行くと開門まで待たないといけません。あと、開門を待つ人たちがかなりいるので、その人たちの待つ列が解消されるまで時間がかかります。

ですので、開門時間に天満橋駅に到着するくらいがおすすめです。

天満橋駅から歩いて造幣局に着くまでに、開門前を待っていた人の行列がある程度解消されます。

日没直前は、日中にやってくる人々と、会社帰りにやってくる人々とのはざまになります。ですので、比較的すいています。

桜の通り抜けへのアクセス「天満橋駅」からがおすすめ!

天満橋駅 桜の通り抜け

天満橋駅へは京阪電車か大阪メトロ谷町線で!

造幣局「桜の通り抜け」へのアクセスは、天満橋駅が一番便利です!

通常は、天満橋駅から造幣局南門まで徒歩10分ほどです。

桜の通り抜け期間中は、大混雑するので、混雑度合によって、造幣局までかかる時間は変わります。

桜の通り抜け入口となる造幣局南門までは、天満橋駅から20分以上かかると思っておいた方が良いと思います。

天満橋駅は、京阪電車(本線・中之島線)、大阪メトロ谷町線が乗り入れています。

梅田から天満橋駅に向かうならば、大阪メトロ谷町線が便利です。

谷町線では、桜の通り抜けについてのアナウンスが流されますし、東梅田駅などには桜の通り抜けのポスターが貼られます。混雑しますが、王道ルートです。

谷町線天満橋駅を降りると、「造幣局」とか「桜の通り抜け」とか書かれた案内ポスターがいっぱい貼ってあるので、迷うことはないと思います。
天満橋駅 桜の通り抜け案内

造幣局へ向かうには天満橋駅北改札・2番出口が最寄りです。

東梅田駅から天満橋駅に向かう時は後ろから2両目、天王寺駅・谷九方面から天満橋駅に向かう場合は前から2両目が便利です。

天満橋駅 桜の通り抜け案内

谷町線天満橋駅北改札を出るとすぐのところが2番出口です。

地下鉄出口がビルに直結してるので、2番出口は地下で、地上に上がるには直結しているビルの出口を使います。

桜の通り抜け期間中には、大勢の人が訪れるので、人の流れに身を任せれば造幣局にたどり着けます。笑

桜の通り抜け期間中には、特製の案内板も登場します。写真のように矢印が書かれていますので、矢印に沿って進むと迷いません。
天満橋駅 桜の通り抜け案内

土佐堀通り方面出口でちょこっとショートカットできます

「桜の通り抜け→」に従うと、道に迷いませんが、ちょこっとショートカットできる出口があります。

天満橋駅 土佐堀通り方面出口

写真奥の「土佐通り方面出口」です。
天満橋駅 土佐堀通り方面出口

「桜の通り抜け→」に沿って行くと、迷う心配はありませんが、ちょっと遠回りさせられます。「土佐堀通り方面出口」はそれをちょこっとだけショートカットできます。

細くて少し暗い階段ですが、一本道なので迷う心配もありません。

土佐堀通り方面出口付近には、エレベーターもありますので、階段がつらい人は、エレベータをご利用ください。

OMMビルから造幣局へ進むのはおすすめしません

土地勘のある人は、OMMビルから向かった方が、便利なんじゃ?と思う人もいるようです。

でも、桜の通り抜け期間中は、混雑すると一方通行箇所が増えます。

天満橋のOMM側は、造幣局からの帰りに道一方通行になる場合が多いので、注意が必要です。

天満橋駅とJR天満駅は全く違う場所にあります!

間違いあるあるなのですが、天満駅と天満橋駅は、全く違う場所にあります。

JR天満駅から造幣局へ、歩けない距離ではなりませんが、最寄りではありません。

JR大阪駅からは、大阪メトロ谷町線東梅田駅に乗り換えて、天満橋駅を目指しましょう。

南森町駅・大阪天満宮駅も少し遠いです

大阪メトロ谷町線・堺筋線の南森町駅、JR東西線大阪天満宮駅も、造幣局への最寄り駅と案内されている場合があります。

でも、桜の通り抜けは造幣局南門からに一方通行なので、南森町駅や大阪天満宮駅からは、少し遠いです。

桜の通り抜け出口となっている造幣局北門からは、天満橋駅より少し近いので、帰り道で利用するには便利です。

大阪城北詰駅もおすすめしません

JR東西線大阪城北詰駅は、大川を挟んだ造幣局の対岸あたりに駅があります。

川崎橋を渡って造幣局南門に行くことができますが、混雑すると、川崎橋が帰り道一方通行になる可能性があります。

造幣局桜の通り抜け 交通規制及び順路図

桜の通り抜け交通規制
PDFファイルはこちら→https://www.mint.go.jp/WP_Vjp4V33Q/wp-content/uploads/2017/04/2017_kotsukisei.pdf

天満橋駅を降りて天満橋に進むと人の流れに身を任せましょう 笑

天満橋駅を降りた後、地上に出ると、天満橋を目指します。大川の方ですね。

桜の通り抜け期間中は、大勢の人が造幣局に向かっていますので、人の流れに身を任せると大丈夫です。笑

天満橋から造幣局南門までは、20分以上かかることを覚悟しておきましょう!

造幣局構内は飲食禁止です

造幣局南門までの道中には、屋台がいっぱい出ています。
造幣局桜の通り抜け 屋台

でも、造幣局構内は飲食禁止です。おいしそうなものが屋台で売られていても、食べながら桜の通り抜けをすることはできません。

造幣局南門に到着するまでに食べ終わるか、帰りまでグッと我慢しましょう。

会場内はもちろん禁煙です。

桜の通り抜けは一方通行で立ち止まり禁止です

造幣局南門 桜の通り抜け

桜の通り抜けは、造幣局南門から北門へ、560m一方通行です。

多種多様の桜を楽しむことができますが、基本的に立ち止まり禁止です。

混雑がましな時は大目に見てくれるかもしれませんが、土日や夕方以降の時間帯など、混雑し始めると注意されます。

綺麗な桜の写真を撮りたい気持ちはわかりますが、「通り抜け」なので、そんなもんだと思ってください・・・

中国人観光客も多く訪れるため、中国語表記のプラカードも準備されているくらいです。
造幣局 桜の通り抜け

でも、撮影したいですよねー。みんな撮りまくり。笑

造幣局 桜の通り抜け

くれぐれも人の流れを阻止しない程度にしましょう。

なお、桜の通り抜け会場内は、自撮り棒と日傘禁止です。

造幣局 桜以外の見どころ

造幣局は明治維新以降、日本近代化の流れの中で創業しました。

そんな造幣局構内には、桜以外にも見どころがあります!

造幣局旧正門

造幣局 旧正門

桜の通り抜け順路の終盤に、造幣局旧正門があります。

造幣寮応接所(現在の泉布観)などを設計した、英国人設計士ウォートルスが設計したもので、2015年に国の史跡に指定されました。

門集には、「菊花」と「大」の字が交互に配置されています。正門に付随する八角形の建物は、衛兵の詰所でした。

造幣局旧正門 石碑

造幣局旧正門 案内板

創業当時のガス燈

造幣局 ガス燈

造幣局旧正門の近くに、造幣局創業当時の面影を残す「ガス燈があります。

創業当時の「金・銀貨幣工場」前に設置されていたものです。

造幣局 ガス燈

2015年に国の史跡に指定されました。桜の通り抜け期間中、日没後、ぼんぼりとともに明かりが付けられます。

桜の通り抜け帰りは「造幣局さくらバス」が便利

造幣局桜の通り抜け 北門

造幣局桜の通り抜けは、南門から北門へ一方通行です。

北門のほか、旧正門を過ぎたあたりに大川沿いに出れる門もあります。

どちらの門も出口専用で、一度出ると再入場はできません。

天満橋駅から帰る場合は、大川沿いの門に出ても良いでしょう。

門を出ると、屋台がいっぱいならんでいます。もう我慢することはないので、めいっぱい食べて飲んで!してください。

帰路で便利な駅は天満橋駅・南森町駅・大阪天満宮駅

桜の通り抜けの出口・造幣局北門付近には、帰りに便利な駅の案内版がいくつもあります。

近いのは、天満橋駅・南森町駅・大阪天満宮駅です。ただ、どの駅も徒歩で15分ほどかかります。

案内板には京橋駅も候補として書かれていますが、天満橋駅・南森町駅・大阪天満宮駅を比べると、少し遠いです。

大阪駅・京橋行きの「造幣局さくらバス」が帰りに便利!

大阪シティバス 桜の宮橋バス停

桜の通り抜け期間中は、大阪シティバス「桜の宮橋」バス停から、大阪駅・京橋駅に向かう臨時急行バス「造幣局さくらバス」が運行されます。

大阪駅行きは、造幣局北門を出て左に曲がってすぐのバス停から、京橋駅行きは、造幣局北門を出て道路を渡った側のバス停から、乗車できます。

平日は約15分毎、土日は10分毎に運行されます。

料金は、通常の大阪シティバスと同様、大人210円、子供110円です。

なお、バスは行きも乗ることができますが、バス停が造幣局北門近くなので、入口となる南門まで歩かなければいけません。

なので、行きはバスはおすすめしません。

地下鉄とバスを連続して乗ると100円割り引かれます!

裏技でも何でもないですが、ICOCAやPiTaPaなどのICカードを使って、大阪メトロ地下鉄と、大阪シティバスを乗り継ぐと、100円割引が適用されます。

これは「造幣局さくらバス」でも適用されます。

なので、行きに地下鉄を利用して、帰りにバスを利用すれば100円割引かれます。

うまく利用したいですね!

さくらバスについて

http://www.osakametro.co.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h30_all/20180402_zouheikyoku_sakura_bus

帝国ホテル・OAPバスも利用できる!

造幣局北門を出て、目の前の信号を渡り、大川沿いを進むと、5分くらいで帝国ホテル・OAPにつきます。

帝国ホテル・OAPからは、JR大阪駅まで無料送迎バスが運行されています。

帝国ホテル・OAPには食事できるお店やカフェもあります。

休憩に帝国ホテル・OAPを利用して、帰りに送迎バスを利用するのも可能です!

桜の木に俳句がぶら下がっています

桜の通り抜けでは、俳句の投稿ができます。前年などに投稿された俳句が、桜の木などにつけられています。

その中に、こんな俳句がありました。
造幣局 桜の通り抜け 俳句

中国人観光客も大勢、桜の通り抜けに訪れています。

造幣局の桜をゆっくり堪能できる裏技があるんです!

残念ながら、桜の通り抜け期間中は使えないのですが・・・・

桜の通り抜け期間中は、すごい人込みになって、ゆっくり見れない桜を、じっくりゆっくりしっかり堪能できる裏技があるんです!!

「造幣局「桜の通り抜け」をフライング!造幣局の桜をゆっくり堪能する裏技!ただし通り抜け期間は除く・・・」

スポット情報:造幣局(本局)

住所:大阪市北区天満1-1-79

造幣局公式サイト

https://www.mint.go.jp/

あー、通り抜け綺麗です!
ほなまた(c_c)b

sponsored link

ひとりごと

プロフィール

地亜貴(c_c)

地亜貴(c_c)

奈良生まれ、斑鳩育ち、大阪・天満在住。バツイチ+アラフォーで、法隆寺大好き!飲み歩き大好き!!落語・浪曲大好き!!!銀行システムのSE・PM経験を持つシステム屋です。自分らしくいられるように、生き方模索中!



sponsored link

アーカイブ

サイト内検索