地亜貴(c_c)の場所(ありか)

アラフォー天満人の楽しく生きるぞっ!

阪神百貨店梅田本店建て替えで大阪神ビル77年の歴史が終わりリニューアル後が楽しみ!スナックパーク復活です!!

time 2018/05/29

阪神百貨店梅田本店建て替えで大阪神ビル77年の歴史が終わりリニューアル後が楽しみ!スナックパーク復活です!!

まいど(c_c)/

大阪の、いや、関西の玄関口の一つ「梅田」はどんどん様変わりしています。

2018年5月28日をもって、阪神百貨店が入る「大阪神ビル」が建て替えのため、77年の歴史に幕を下ろしました。

2018年6月1日には先行開業する第一期棟で阪神百貨店が営業を開始、2021年秋~2022年春には全面開業予定です!

sponsored link

阪神百貨店が77年の歴史がある建物での営業が終了

2018年5月28日の営業をもって、阪神百貨店が現在の建物での営業を終えました。

さすがに全国ネットでは取り扱われませんでしたが、関西ローカルのニュースでは、各局が取り扱っているようでした。

阪神百貨店梅田本店建て替え中の風景

様変わりする梅田の様子を、気になったときにいろいろ撮っています。

阪神百貨店が、建て替え第1期棟のオープン間近と聞いたので、2018年4月24日朝に周辺をうろつきました。

2018年6月以降、旧館の立て替えが始まります。新旧建物が並ぶ風景はもうすぐ見納めです。
阪神百貨店

馴染みの建物が無くなるのは寂しいですね。
阪神百貨店

屋上の「阪神」って文字無くなるのかー。昭和臭がプンプンしますが、わかりやすくて好きでした。
阪神百貨店

新館と旧館のつぎめです。
阪神百貨店 新館旧館つぎめ

旧館の立て替えが完了後、阪急百貨店の立て替えの時のように、ジョイントされるんでしょうね。

全面開業するまで、阪神百貨店は少し手狭になりますね。

ちなみに、旧館は建て替え後、阪急百貨店のように上層部にオフィスができる契約です。

大阪神ビルの写真たち

阪神百貨店が入るビルの正式名称は「大阪神ビル」と言います。

大阪神ビルを取り納めしている人が、やはりいっぱいいますね。

僕は、奈良育ちで、祖父母が阿倍野に住んでいたので、阿倍野の近鉄百貨店や、難波の高島屋によく連れて行ってもらってました。

梅田に来ても、阪急百貨店に来るのがほとんどで、大きくなるまであまり阪神百貨店に来る機会は少なかったです。

でも、なんか懐かしい雰囲気が残ってて好きでした。

阪神百貨店建て替えは「梅田1丁目1番地計画」という名のプロジェクト

阪神百貨店が入る大阪神ビルと、阪急8番街ビルを一体で再開発するプロジェクトが進んでいますが、梅田1丁目1番地計画って言うみたいです。

阪神百貨店 梅田1丁目1番地

以前は、ブックファーストなどが入る阪急8番街ってビルがありましたが、阪急と阪神が経営統合したおかげで、一体開発されるんですね。

阪神百貨店 梅田1丁目1番地

ビルとビルの間にあった地上の道路はそのまま!
阪神百貨店 梅田1丁目1番地

歩道が広く再整備されたので、地上が歩きやすくなります。
阪神百貨店

阪神百貨店

地下街への出入り口もリニューアルされます。
阪神百貨店

JR大阪駅、大阪ステーションビル、阪急百貨店と阪神百貨店をつなぐ歩道橋からも、阪神百貨店建て替え第一期棟に直接アクセスできるようになります。まー、建て替え前も直結でしたから、当然ちゃ当然ですね。

阪神百貨店

阪神百貨店地下、阪神梅田駅と地下鉄御堂筋線梅田駅のあたりも、これから工事が始まるんでしょうか。
阪神百貨店 梅田 地下

阪神百貨店 梅田 地下

どんなふうに変わるのか楽しみです!

阪神百貨店梅田本店建て替え第一期棟オープン!

阪神百貨店梅田本店建て替え第一期棟は、2018年6月1日10:00にオープン予定です。

リニューアルする阪神百貨店のコンセプトは「毎日が幸せになる百貨店」

創業から85年、阪神梅田本店が新しく生まれ変わります。いままで以上にお客さまが毎日過ごしたくなる百貨店になるために、居心地のいい環境・空間をご用意しています。

ほー。

阪神百貨店は、阪急百貨店と比べると庶民的な感じが強く、食べ物が多いような印象を持っています。

リニューアル後の阪神百貨店も、庶民的で、食べ物を目玉にしているです。

阪神百貨店フロアガイド

B1:阪神百貨店にスナックパーク復活!

立ち食いだけど、おいしい!ワンコイン(500円)ランチから夜のサク飲みまで。毎日立ち寄りたくなる立ち食いの聖地「スナックパーク」が話題のお店を引き連れ、計13店舗で復活します。

阪神百貨店梅田本店 建て替え第一期棟「フロアガイド」より引用

梅田のど真ん中とは思えない、庶民的な空間で、いろんなものが手軽に飲み食いできる旧フードコートがスナックパークでした。

旧スナックパークが無くなる直前は、惜しむお客さんで大混雑していました。

そんなスナックパークが復活!

新スナックパークに出店する13店舗は次の通りです。

スナックパークで百貨店への出店初!

カドヤ食堂

立ち喰い魚 ふじ屋

牛焼き みらく

道頓堀 赤尾に

とり天うどん てんぼう

天ぷらの山

焼きスパ&ワイン ローマ軒

地下街や大阪駅前ビルなどでよくみかけますね!

ペペタマ美味しいです!

魚がし日本一

旧スナックパークからの復活!

旧スナックパークには何店舗あったんやろ?5店舗が復活です!

阪神名物 いか焼き

阪神百貨店と言えばいか焼き!結構大きないかが入ってて美味しいです。

ちなみに、いか焼きは、いかの姿焼きではありません。

小麦粉を溶かした生地に、いかの切り身を入れてプレスして焼いた粉もんです。

レギュラーのいか焼きも美味しいけれど、卵の入ったデラバン、ネギと卵が入った和風デラもおすすめです!

ちょぼ焼き

たこ焼きの元祖ともいわれるちょぼ焼き。

タコは入っていません。素朴なこなもんで美味しいです。

御座候

東京でいう今川焼。いわゆる回転焼きですね。

関西の百貨店には必ずと言っていいほど入っているお店。

黒あんと白あんが選べます。

うまかラーメン

あんまし食べたことないなぁ。

玉子丸

僕的に一番うれしいのが、玉子丸の復活です!オムライスのお店です。

旧スナックパークでは400円弱で美味しいオムライスが食べれました。

閉店時間直前になると、安売りしてて、良く買って帰りました!

旧スナックパークが亡くなる直前は、すごい行列になっていたようです。

人気があったえきそば「まねき」は復活せず・・・

昔のスナックパークには、姫路駅ホームで営業している駅そば「まねき」が入っていて、人気がありました。

復活を望む声が多かったようですが、まねきは復活しないようです・・・

1F:関西初登場!ハンバーガー店「シェイク・シャック」

ニューヨーク発の大人気ハンバーガーレストラン「シェイク シャック」の関西1号店も登場。行列が絶えない毎日のおいしさをお届けします。

阪神百貨店梅田本店 建て替え第一期棟「フロアガイド」より引用

なんか既にプレオープンしているという情報も。

1F:パンワールド/リカーワールド

1カ月あたり約30のベーカリーから毎日15種類が揃う、百貨店では珍しい食パンセレクトショップや7カ所のイベントスペースでも日替り・週替りで話題のパンが登場する、毎朝が楽しくなるパンワールド。また、毎日400種類のワインがフリーテイスティングできる日本最大級のワイン売場も。

阪神百貨店梅田本店 建て替え第一期棟「フロアガイド」より引用

阪神百貨店のワイン売り場は品ぞろえ豊富で人気がありましたが、さらにスペースが広がるそうです。

試飲もできるので、ワイン好き、お酒好きの人にはたまらないスポットになりますね!

2F:シーズン・ギフト雑貨マルシェ

自分らしく個性的なライフスタイルを送りたい方へ向けたこだわりの雑貨をラインアップ。カスタマイズもできる約200種類のビニール傘をはじめ、毎日の上等品が充実。

阪神百貨店梅田本店 建て替え第一期棟「フロアガイド」より引用

なんか面白そうなテナントですね。

通ってしまいそう。

3F:ウエルネス・スクエア

おいしく食べて、ココロも身体も美しくなるナチュラル&オーガニックカフェレストラン「Cosme Kitchen Adaptation」が関西初登場するほか、アスレジャーを代表する、スポーツセレクトショップ「emmi(エミ)」も。毎日をすこやかに過ごすヒント、気づきにあふれる売場です。

阪神百貨店梅田本店 建て替え第一期棟「フロアガイド」より引用

5F:リラナチュール

風をはらんだようなゆったりとしたシルエットが特徴的なナチュラルスタイルを中心にご紹介する売場です。シンプルで心地のいい素材感、毎日着ても飽きのこないスタイリングが揃います。

阪神百貨店梅田本店 建て替え第一期棟「フロアガイド」より引用

7F:ハッピーテーブル

中央にイベントスペース『ライブキッチン』を設置。

毎日作る&食べる体験を通して、道具や器の使い方、楽しみ方をご提案する売場です。

阪神百貨店梅田本店 建て替え第一期棟「フロアガイド」より引用

阪神百貨店リニューアル全面開業は2021年秋?2022年春?

建て替え後の阪神百貨店ビルの正式名称は「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定されました。

全面完成する2022年春には、阪急百貨店うめだ本店が入居するビルの名称が、「梅田阪急ビル」からを「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改称される予定です。

そして、「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」と「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」を合わせて、「大阪梅田ツインタワーズ」と総称するそうです。

これぞ、阪急と阪神が経営統合したからできることですね。

梅田は、阪急阪神ホールディングスの最重要地点なので、大阪のお客さんにはもちろん、国内外からの訪問客にも存在感を見せ、わかりやすくすることを目指しているそうです。

2018年4月末時点の阪神百貨店と阪急百貨店
阪神百貨店

ここが、2022年春には「大阪梅田ツインタワーズ」になるんですね。

これからの梅田が楽しみです!
ほなまた(c_c)b

sponsored link

ひとりごと

プロフィール

地亜貴(c_c)

地亜貴(c_c)

奈良生まれ、斑鳩育ち、大阪・天満在住。バツイチ+アラフォーで、法隆寺大好き!飲み歩き大好き!!落語・浪曲大好き!!!銀行システムのSE・PM経験を持つシステム屋です。自分らしくいられるように、生き方模索中!



sponsored link

アーカイブ

サイト内検索